小学生でもわかる!スーパーチューズデーってなに?

スポンサーリンク

最近よく「スーパーチューズデー」という言葉を聞くよね?この言葉、なんだかとってもワクワクするよね。でも、これはお祭りやお休みの日のことではないんだ。実は、アメリカの大統領を選ぶ時にとても大切な日の一つなんだよ。今日は、このスーパー・チューズデーについて、みんなが楽しく、そして簡単に理解できるように説明していくね。

スポンサーリンク

スーパー・チューズデーってどんな日?

スーパー・チューズデーは、アメリカで大統領を選ぶ前の選挙、予備選挙(プライマリー)がたくさんの州で一斉に行われる日のことを言うよ。予備選挙は、どの候補者がその政党の代表として大統領選挙に出るかを決める大切な選挙なんだ。スーパー・チューズデーは、特に多くの州で予備選挙が行われるから、この日に強い結果を出せるかどうかが、候補者にとってとっても大切なんだよ。

なぜ「スーパー」なの?

「スーパー」という言葉がついているのは、その年によって異なるけど、多い時には10州以上で予備選挙が同時に行われるからなんだ。こんなにたくさんの州で選挙がある日は他にはないから、「スーパー」という特別な名前が付けられたんだよ。この日に勝つと、大統領になるための大きな一歩を踏み出せるから、候補者たちはとっても力を入れて戦うんだ。

スーパー・チューズデーが大切な理由

スーパー・チューズデーは、たくさんの州で同時に選挙が行われるから、全国的に人気があるか、いろいろな地域で支持されているかが試される日なんだ。この日に強い成績を収めることができれば、その候補者がとても強いとみんなに認められることになるよ。だから、スーパー・チューズデーは予備選挙の中でも、特に注目されるとっても重要な日なんだ。

まとめ

スーパー・チューズデーは、アメリカの大統領選挙でとても大切な役割を果たす日だよ。たくさんの州で同時に行われる予備選挙で、候補者たちがどれだけ多くの人々から支持されているかが試されるんだ。この日にいい成績を収めることができれば、大統領に一歩近づくことができるよ。

タイトルとURLをコピーしました