沖縄県民はなぜケンタッキーをよく食べる?消費量全国1位の理由と独特な食べ方を解説。

沖縄のケンタッキー

日本で最もケンタッキーフライドチキンを消費している県は、なんと沖縄県だというのをご存じでしたか?本土から遠く離れた南国の島県で、なぜケンタッキーが愛されているのでしょうか。今回は、沖縄県でケンタッキーが消費量1位となっている理由と、県民の食べ方について探ってみます。

沖縄県のケンタッキー消費量が全国1位の理由

沖縄県では、1人当たりのケンタッキー消費量が全国平均の約2倍に達しています。その理由として、以下のような点が挙げられます。

米軍基地の影響

沖縄県には、多くの米軍基地が存在します。基地周辺では、アメリカ文化の影響を受けた食習慣が根付いており、フライドチキンに対する親和性が高いのです。これがケンタッキー人気の背景にあると考えられます。

パーティー文化との相性

沖縄県では、結婚式や誕生日会などのパーティーが盛んに行われます。ケンタッキーは、手軽で大勢で楽しめる食事として、パーティーに欠かせない存在となっています。

家族団らんの機会

沖縄県民は、家族を大切にする文化が根付いています。ケンタッキーを囲んで食事をすることで、家族団らんの時間を楽しむ習慣が広がっているのです。

沖縄県民のケンタッキーの食べ方

沖縄県民のケンタッキーの食べ方には、いくつかの特徴があります。

ご飯と一緒に

沖縄県民の中には、ケンタッキーをご飯と一緒に食べる人もいます。フライドチキンとご飯の組み合わせは、沖縄ならではの食文化の一つといえるでしょう。

泡盛と共に

沖縄の伝統的なお酒である泡盛は、ケンタッキーとの相性抜群。特に宴会や飲み会の席では、泡盛を飲みながらケンタッキーを楽しむ光景がよく見られます。

まとめ

沖縄県でケンタッキーが消費量1位となっている理由は、米軍基地の影響、パーティー文化との相性、家族団らんの機会などが挙げられます。また、ご飯と一緒に食べたり、泡盛と組み合わせたりする独自の食べ方も、人気の秘訣といえるでしょう。沖縄県民のケンタッキー愛は、独自の文化と深く結びついているのです。

スターゼン 骨なしフライドチキン (20個入り 計1.6kg(800g×2袋))
スターゼン
¥3,480 (¥348 / 個)(2024/05/28 19:49時点)
商品特徴:ジューシーな鶏もも肉の旨味を楽しめる商品です。スパイスの味が後引く美味しさ!骨なしだから、手を汚さずにワンハンドで食べられちゃう!1個当たり約80gもあって食べ応えも抜群!リピーターも多いおススメ商品です!
タイトルとURLをコピーしました