小学生でもわかる!なぜ認知症になる?原因と予防法は?治らないの?3分でわかりやすく解説します。

認知症になぜなるの?

認知症は高齢者に多い病気ですが、実は誰でもなる可能性があります。この記事では、認知症になる原因や予防法、治療法について小学生でもわかるようにわかりやすく解説します。

認知症とは?

認知症とは、脳の病気や損傷により記憶力や判断力などの認知機能が低下し、日常生活に支障をきたす状態のことです。代表的な認知症には、アルツハイマー型認知症、脳血管性認知症、レビー小体型認知症などがあります。

認知症になる原因は?

認知症の原因は、脳の神経細胞が減少したり、正常に機能しなくなったりすることです。アルツハイマー型認知症では、脳内にアミロイドベータというタンパク質が蓄積し、神経細胞を傷つけます。脳血管性認知症は、脳梗塞や脳出血などによる脳血管障害が原因です。

認知症の予防法は?

認知症を完全に予防することはできませんが、生活習慣を改善することで発症リスクを下げることができます。具体的には以下のようなことが挙げられます。

  • バランスの取れた食事を心がける
  • 適度な運動を続ける
  • 脳を活性化する趣味や学習を行う
  • 質の良い睡眠をとる
  • 喫煙を避け、お酒は適量にする
  • ストレスをためないようにする

認知症は治らないの?

残念ながら、現在の医学では認知症を完治させることはできません。しかし、早期発見・早期治療により症状の進行を遅らせたり、症状を和らげたりすることは可能です。治療には、薬物療法や非薬物療法があります。

薬物療法では、アセチルコリンエステラーゼ阻害薬やメマンチンなどの薬を使用します。これらの薬は、脳内の神経伝達物質の量を増やしたり、神経細胞の損傷を防いだりする働きがあります。

非薬物療法には、認知症の人が楽しく過ごせるようなレクリエーションや音楽療法、回想法などがあります。家族や介護者による理解とサポートも大切です。

まとめ

認知症は誰にでも起こりうる脳の病気ですが、生活習慣の改善や早期発見・早期治療により、症状の進行を遅らせることができます。認知症の人やその家族が、希望を持って前向きに生活できるような社会の理解と支援が必要です。

タイトルとURLをコピーしました