神奈川の海の水温は何度くらい?月ごとの水温と体感を解説!

神奈川の海

神奈川県は、美しい海岸線に恵まれ、夏になると多くの人が海水浴やマリンスポーツを楽しみに訪れます。しかし、海で快適に過ごすには、水温が重要な要素となります。この記事では、神奈川の海の月別平均水温と、それぞれの時期の体感について詳しく解説します。

スポンサーリンク

神奈川の海の月別平均水温

以下は、神奈川県の海の月別平均水温です(気象庁のデータに基づく)。

  • 1月:15℃
  • 2月:14℃
  • 3月:15℃
  • 4月:17℃
  • 5月:19℃
  • 6月:22℃
  • 7月:25℃
  • 8月:27℃
  • 9月:25℃
  • 10月:22℃
  • 11月:19℃
  • 12月:17℃

神奈川の海は、夏場に水温が高くなり、冬場は比較的低い水温となります。

季節ごとの水温と体感

春(3月~5月)

春は、水温が徐々に上昇し始める時期です。3月から5月にかけては、水温は15℃~19℃程度で、まだ肌寒く感じられます。この時期は、ウェットスーツを着用してのマリンスポーツが適しています。

夏(6月~8月)

夏は、神奈川の海水浴シーズンの真っ只中です。水温は22℃~27℃と高くなり、海水浴を存分に楽しめます。ただし、日差しが強いので、日焼け対策は必須です。

秋(9月~11月)

秋は、夏の暑さが和らぎ、水温も徐々に下がり始める時期です。9月から11月にかけては、水温は19℃~25℃程度で、秋の海水浴やマリンスポーツを楽しむのに最適な時期と言えます。

冬(12月~2月)

冬は、神奈川の海の水温が最も低い時期で、14℃~17℃程度となります。この時期は、海水浴には適しませんが、ウェットスーツを着用してのサーフィンや釣りを楽しむことができます。

神奈川の海水浴場情報

神奈川県には、多くの人気海水浴場があります。代表的なものをいくつかご紹介しましょう。

  • 由比ガ浜海水浴場(鎌倉市)
  • 材木座海水浴場(鎌倉市)
  • 逗子海岸(逗子市)
  • 江ノ島片瀬東浜海水浴場(藤沢市)
  • 大磯海水浴場(大磯町)

これらの海水浴場は、夏場になると多くの海水浴客で賑わいます。

まとめ

神奈川の海は、夏場に水温が高くなり、海水浴やマリンスポーツを楽しむのに最適です。一方、冬場は水温が低くなるため、ウェットスーツを着用してのアクティビティがおすすめです。

神奈川の美しい海を満喫するには、水温だけでなく、気温や天候にも注意を払い、体調管理に気をつけることが大切です。季節ごとの特徴を理解して、安全に海を楽しみましょう。

タイトルとURLをコピーしました