小学生でもわかる!性悪説と重要性

スポンサーリンク

こんにちは、みなさん!今日は、「性悪説」という言葉について学びましょう。難しそうに聞こえるかもしれませんが、大切な考え方なので、一緒に理解していきましょう。

スポンサーリンク

性悪説ってどんな意味?

性悪説とは、人間の本性は生まれつき悪だと考える説のことです。つまり、人は最初から自分のことしか考えない、ずるい心を持っているというわけです。

でも、なんだか悲しくなりますよね。本当に人間はみんな悪いのでしょうか?

昔の偉い人は何と言っていた?

昔の中国の偉い先生に、荀子(じゅんし)という人がいました。荀子先生は、人間の心には最初から悪いことをしたがる気持ちがあると言いました。

例えば、嘘をついたり、人を騙したりするのは、その人の心が悪いからだと考えたのです。

性悪説の反対の考え方、性善説

性悪説の反対で、性善説というのがあります。性善説は、性悪説とは反対に、人の心は生まれつき優しく、善いことをしたいと願っていると考えます。

性善説を信じていた偉い先生には、孟子(もうし)という人がいました。孟子先生と荀子先生、二人の考え方は仲良しではなかったようです。

性善説についての説明はこちらの記事に書いていますよ。

でも、性悪説って大事なの?

性悪説は、人間のダメなところに注目しているので、ネガティブに聞こえるかもしれません。でも、実はとても大事な意味があるのです。

  • ルールを作ることの大切さを教えてくれる
  • 自分の悪い心と戦う勇気を与えてくれる
  • みんなで助け合う社会を作るヒントをくれる

性悪説は、人間の悪い面を直視することで、よりよい社会を作るためにはどうしたらいいのかを考えさせてくれるのです。

今の世の中と性悪説

今の世の中でも、性悪説は大切だと言われています。なぜなら、悪いことを防ぐためには、人間のダメなところをよく知っておく必要があるからです。

でも、性悪説ばかりを信じすぎるのはよくありません。人の優しさや善意も忘れないようにしましょう。

みんなで考えよう

性悪説について学んできましたが、理解できたでしょうか。性悪説は、人間の悪い面に目を向ける考え方ですが、それを知ることで、よりよい社会を作るためのヒントが得られます。

みなさんも、人の善い面と悪い面、両方を知って、素敵な世の中を作っていく手助けをしてくださいね。

性悪説、少しだけ難しかったけど、これでバッチリ!みんなで一緒に、もっといろんなことを学んでいきましょう!

タイトルとURLをコピーしました